個人で医薬品を輸入|ストロングハートプラス(ジェネリック)を日本で購入するためには

ストロングハートプラス(ジェネリック)を日本で購入するためには

白い錠剤

個人で医薬品を輸入

倒れたボトルからあふれる薬

もし愛犬にフィラリア予防を施すため、動物病院からフィラリア予防薬を処方してもらおうと思った場合、新薬であるハートガードプラスなら処方してもらうことができます。
しかし、そのジェネリック医薬品であるストロングハートプラスは日本で承認されていない医薬品なため、いくら動物病院といえど処方することができないのです。
もちろん薬局やペットショップでもストロングハートプラスは販売されておらず、日本での購入は不可となっていました。

ですが、ストロングハートプラスを販売できないというのはあくまでも日本国内でのお話。
海外では承認されていることから、ふつうに薬局などでも販売されています。
そのため、海外へ行けばストロングハートプラスを購入することが可能なのです。
とはいっても、いくら愛犬のためとはいえ、そこまでできる人はまずいないでしょう。
そんなときは海外からストロングハートプラスを輸入してしまえばいいのです。

日本の薬事法では、個人の利用目的のためであれば、海外から医薬品を輸入して使用することが許可されています。
ストロングハートプラスを海外から輸入してしまえば、問題なく使用することができるでしょう。
しかし、個人で海外から医薬品を輸入するのはまず不可能でしょう。
言語の違い、輸入に関する知識、特別な手続きなど、私たち一般人ではクリアできない壁がたくさんあります。
そこで、私たちの代わりに海外から医薬品を輸入し、販売してくれるのが個人輸入代行業者なのです。
彼らのおかげで、現在私たちはわざわざ輸入に関する特別なコトをすることなく、簡単に欲しい医薬品を海外から購入できるようになっているのです。

↑ PAGE TOP